系統情報
 NBRP Rat No: 0014  系統名: TM/Kyo  通称: tester Moriyama rat Rat Genome Database
研究責任者:  芹川忠夫         京都大学大学院医学研究科        〒606-8501  京都府 京都市左京区吉田近衛町       日本
Tel: 075-753-4360    Fax: 075-753-4409 Email: serikawa@anim.med.kyoto-u.ac.jp
保存状況:   胚            精子           生体 ../images/Photos/TM%20Kyo/DSC00001%20(Large).JPG ../images/Photos/TM%20Kyo/DSC00024%20(Large).JPG
毛色  fawn hooded (a,B,C,h,P,r)
近交世代数  F20+102 (March 2012)
利用条件  
分類
 Inbred  Segregating  Congenic  Consomic  Recombinant
 Coisogenic  Spont. Mutant  遺伝子改変(GM)  Ind. Mutant  その他 
コマーシャルブリーダー
研究分野
 糖尿病・肥満  脳神経疾患  眼疾患  歯科疾患  循環器系疾患・高血圧
 がん・腫瘍  代謝、内分泌  耳鼻疾患  免疫・アレルギー疾患  感染症
 骨形態異常  消化器疾患  皮膚疾患  生殖器疾患  発生
 行動・学習  血液疾患  泌尿器疾患  薬理学  その他  
 対照動物  レポーター遺伝子動物
遺伝子 Rab38: Rab38, member of RAS oncogene family. ruby or red eyed dilution
由来 愛知がんセンターから Long Evans系ラットとして森山荘精神科病院に供給され、名古屋大学医学部附属動物実験施設で近交化された。毛色のテスター系統として用いられてきた。1976年塩野義製薬より京都大学大学院医学研究科附属動物実験施設に導入。
特性など 頭巾斑。有色部分の毛色は淡黄褐色(fawn)、眼色は赤色(red)を呈する。 血小板のセロトニン放出能異常とそれに基づく血中セロトニン量の減少(正常ラットの1/10)がみられるため、血液凝固時間や血小板数が正常であるにもかかわらず、止血時間の延長を認める。Rab38遺伝子の翻訳開始コドンに点変異(ATG>ATA)が認められ、淡毛色と止血時間の延長の原因と考えられている。同様の突然変異形質(淡毛色と止血時間)を示すFHラットにおいても同一の点変異が認められる。
繁殖・維持方法 繁殖成績良好。兄妹交配。
遺伝診断法 RCR-RFLP with FokI restriction enzyme
参考文献 Hamada S, Serikawa T, Yamada J.
TMラットの止血時間延長に関する遺伝学的検索
第32回日本実験動物学会総会講演要旨集. p117, 1985

Hamada S, Nishikawa T, Yokoi N, Serikawa T.
TM rats: a model for platelet storage pool deficiency.
Exp Anim. 1997 Jul;46(3):235-9.

Fujimori H, Ozaki K, Nomura S, Nishikawa T, Pan-Hou H, Nishimura M, Narama I.
Characterization of platelet abnormalities of Tester Moriyama (TM) rats with storage pool deficiency.
Lab Anim Sci. 1998 Oct;48(5):490-5.

Oiso N, Riddle SR, Serikawa T, Kuramoto T, Spritz RA.
The rat Ruby ( R) locus is Rab38: identical mutations in Fawn-hooded and Tester-Moriyama rats derived from an ancestral Long Evans rat sub-strain.
Mamm Genome. 2004 Apr;15(4):307-14.

Kuramoto T, Nakanishi S, Ochiai M, Nakagama H, Voigt B, Serikawa T.
Origins of Albino and Hooded Rats: Implications from Molecular Genetic Analysis across Modern Laboratory Rat Strains.
PLoS One. 2012;7(8):e43059.
系統情報 TM