系統情報
 NBRP Rat No: 0685  系統名: W-Tg(Thy1-COP4/YFP*)4Jfhy  通称: W-TChR2V4, W-Tg(Thy1.2-ChR2Venus)4Jfhy  Rat Genome Database
研究責任者:  八尾 寛         東北大学        〒980-8577   宮城県 仙台市青葉区片平2-1-1       日本
Tel: 022-217-6208    Fax: 022-217-6211 Email: hiromu.yawo.c7@tohoku.ac.jp (担当 五十嵐 敬幸:hirobio@med.tohoku.ac.jp)
保存状況:   胚            精子           生体
毛色  白
近交世代数  10
利用条件  利用者は、研究成果の公表にあたって寄託者の指定する以下の文献を引用する。
“Tomita, H., Sugano, E., Fukazawa, Y., Isago, H., Sugiyama, Y., Hiroi, T., Ishizuka, T., Mushiake, H., Kato, M., Hirabayashi, M., Shigemoto, R., Yawo, H. and Tamai, M. Visual properties of transgenic rats harboring the channelrhodopsin-2 gene regulated by the thy-1.2 promoter. PLoS ONE 4(11), e7679 (2009)”
利用者は、研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。
利用者は、下記に定める寄託条件の範囲で利用する。
1)利用者が営利機関の場合、東北大学とライセンス契約を締結しなければ
  本件リソースを利用できない。
2)本件リソースは研究過程において得られた実験的または研究的性格を有するものであり、
  東北大学及び寄託者は本件リソースについて如何なる保証も行わない。
  また、本件リソースの利用・保有により発生した如何なる結果についても、東北大学及び寄託者は一切の責任を有せず、かつ如何なる損害賠償義務を負わない。
3)利用者は、本件リソース自体又は本件リソースで処理した細胞等を、診断目的も含めてヒト及び食用となる生物へ投与してはならない。
4)本件リソースは東北大学の許可なしに第三者に譲渡してはならない。
分類
 Inbred  Segregating  Congenic  Consomic  Recombinant
 Coisogenic  Spont. Mutant  遺伝子改変(GM)  Ind. Mutant  その他 
コマーシャルブリーダー
研究分野
 糖尿病・肥満  脳神経疾患  眼疾患  歯科疾患  循環器系疾患・高血圧
 がん・腫瘍  代謝、内分泌  耳鼻疾患  免疫・アレルギー疾患  感染症
 骨形態異常  消化器疾患  皮膚疾患  生殖器疾患  発生
 行動・学習  血液疾患  泌尿器疾患  薬理学  その他  
 対照動物  レポーター遺伝子動物
遺伝子 オワンクラゲGFPの改変体、チャネルロドプシン2(ChR2)
由来 東北大学(八尾寛)と生理学研究所(深澤有吾、平林真澄)らの共同研究により作成され、生理学研究所と東北大学において、維持されている。 バックグラウンド系統:ウィスター 導入遺伝子 (1) Thy1.2 promoter: 核酸供与体(マウス)。T細胞や特定の神経細胞に発現する幕分子の転写調節領域。大きさ、6.5kb、Acc#:X02770 (2) Venus: 核酸供与体(オワンクラゲ)。緑色の蛍光を発するタンパク質GFPをコードする遺伝子を人工的に変異させ、より安定に蛍光を発するようにした変異体。病原性・毒性なし。大きさ、0.7kb。Acc#:M62653 (3) Channelrhodopsin-2 (ChR2): 核酸供与体(クラミドモナス)。光感受性陽イオンチャネルタンパク質をコードする遺伝子。病原性・毒性なし。大きさ、0.9kb。Acc#:AF461397
特性など 複数コピーの導入遺伝子が宿主ゲノムに導入され、Thy1.2 promoterが活性化される細胞で、ChR2とVenusの複合タンパク質が発現する。この遺伝子を発現する細胞は、光刺激に応答し、脱分極が誘起されるが、自然光に対する感受性がほとんどないと予想される。遺伝子導入により運動性が向上したり、病原性・毒性を持つことはない。なお論文では、W-Tg(Thy1-COP4/YFP*)4Jfhyを用いている。
繁殖・維持方法 通常の繁殖であり、維持方法として特記すべきものはない。
遺伝診断法 (1)PCR法:94℃ 3 min + (94℃ 30 sec → 68℃ 60 sec)×30 cycleの後、720bpを検出する。 プライマー:Venus-F: 5’-atggtgagcaagggcgaggagctgt-3’ (25-mer), Venus-R: 5’-ttacttgtacagctcgtccatgccga-3’ (26-mer) (2)蛍光検出法:生後4週齢以後に尾の先端のフレッシュな組織を検鏡する。真皮に分布する有髄神経にVenusの蛍光を認めるものを当該遺伝子を有する個体と判定する。
参考文献 Tashima R, Koga K, Sekine M, Kanehisa K, Kohro Y, Tominaga K, Matsushita K, Tozaki-Saitoh H, Fukazawa Y, Inoue K, Yawo H, Furue H, Tsuda M.
Optogenetic Activation of Non-Nociceptive Aβ Fibers Induces Neuropathic Pain-like Sensory and Emotional Behaviors after Nerve Injury in Rats.
eNeuro. 2018 Feb 15;5(1). pii: ENEURO.0450-17.2018.

Abe K, Yawo H.
Optogenetic conditioning of paradigm and pattern discrimination in the rat somatosensory system.
PLoS One. 2017 Dec 21;12(12):e0189439.

Lee W, Kim D, Matsuhisa N, Nagase M, Sekino M, Malliaras GG, Yokota T, Someya T.
Transparent, conformable, active multielectrode array using organic electrochemical transistors.
Proc Natl Acad Sci U S A. 2017 Sep 18. pii: 201703886

Jimbo Y, Matsuhisa N, Lee W, Zalar P, Jinno H, Yokota T, Sekino M, Someya T.
Ultraflexible Transparent Oxide/Metal/Oxide Stack Electrode with Low Sheet Resistance for Electrophysiological Measurements.
ACS Appl Mater Interfaces. 2017 Oct 11;9(40):34744-34750.

Lee W, Kim D, Rivnay J, Matsuhisa N, Lonjaret T, Yokota T, Yawo H, Sekino M, Malliaras G. G and Someya T.
Integration of Organic Electrochemical and Field-Effect Transistors for Ultra flexible, High Temporal Resolution Electrophysiology Arrays.
Adv. Mater. 2016, DOI: 10.1002/adma.201602237

Tomita H, Sugano E, Fukazawa Y, Isago H, Sugiyama Y, Hiroi T, Ishizuka T, Mushiake H, Kato M, Hirabayashi M, Shigemoto R, Yawo H, Tamai M (2009) Visual properties of transgenic rats harboring the channelrhodopsin-2 gene regulated by the thy-1.2 promoter. PLoS One. Nov 5;4(11):e7679.

Ji Z-G, Ito S, Honjoh T, Ohta H, Ishizuka T, Fukazawa Y, Yawo H (2012) Light-evoked somatosensory perception of transgenic rats which express channelrhodopsin-2 in dorsal root ganglion cells. PLoS ONE 7:e32699.
系統情報