系統情報
 NBRP Rat No: 0078  系統名: DRH/Seac  通称: Rat Genome Database
研究責任者:  竹内正紀         セアック吉冨株式会社        〒871-8550  福岡県 築上郡吉富町大字小祝955番地       日本
Tel: 0979-22-9577    Fax: 0979-24-1955 Email: Takeuchi.Masaki@me.m-pharma.co.jp
保存状況:   胚            精子           生体 ../images/Photos/DRH/a%20(Large).jpg ../images/Photos/DRH/o%20(Large).jpg
毛色  albino (c)
近交世代数  F41+?+33(March 2012)
利用条件  
分類
 Inbred  Segregating  Congenic  Consomic  Recombinant
 Coisogenic  Spont. Mutant  遺伝子改変(GM)  Ind. Mutant  その他 
コマーシャルブリーダー
研究分野
 糖尿病・肥満  脳神経疾患  眼疾患  歯科疾患  循環器系疾患・高血圧
 がん・腫瘍  代謝、内分泌  耳鼻疾患  免疫・アレルギー疾患  感染症
 骨形態異常  消化器疾患  皮膚疾患  生殖器疾患  発生
 行動・学習  血液疾患  泌尿器疾患  薬理学  その他  
 対照動物  レポーター遺伝子動物
遺伝子
由来 1981年大阪大学にてDonryuラットより分離。Donryuラットを発癌物質3'-メチル-4-ジメチルアミノアゾベンゼン(3'-Me-DAB)を含む飼料で飼育し、発癌物質抵抗性を示したラットを選抜して20代以上兄妹交配を行い、確立した。1991年セアック吉冨㈱にて継代。
特性など 発癌抵抗性。DRHラットの3'-Me-DAB抵抗性に関するQTLが第1、4染色体上にマッピングされている。
繁殖・維持方法
遺伝診断法 生化学的遺伝子検査と免疫学的遺伝子検査
参考文献 Higashi K, Denda A, Higashi T, Hiai H.
Genetic resistance to chemical hepatocarcinogenesis in the DRH rat strain.
Comparative Medicine 54(4):373-377, 2004.

Liu H, Higashi K, Hiai H.
Role of resistant Drh1 locus in chemical carcinogen-induced hepatocarcinogenesis in rats: analysis with a speed congenic strain.
Cancer Sci. 2005 Mar;96(3):164-9.

Hiai H, Liu H, Omi N, Tanuma J, Higashi K.
DRH strain rats: Genetic resistance to chemical hepatocarcinogenesis.
Trends in Cancer Research 2: 127-134, 2006.

Igarashi M, Hippo Y, Ochiai M, Fukuda H, Nakagama H.
AKT is critically involved in cooperation between obesity and the dietary carcinogen amino-1-methyl-6-phenylimidazo [4,5-b] (PhIP) toward colon carcinogenesis in rats.
Biochem Biophys Res Commun. 2013 Dec 13. pii: S0006-291X(13)02128-1.
系統情報 DRH