系統情報
 NBRP Rat No: 0026  系統名: KDP/Tky  通称: KDP, Komeda diabetes-prone rat Rat Genome Database
研究責任者:  川本英一         東京医科大学        〒160-8402  東京都 東京都新宿区新宿6-1-1       日本
Tel: 03-3351-6141    Fax: 03-3350-8689 Email: kawamoto@tokyo-med.ac.jp
保存状況:   胚            精子           生体 ../images/Photos/KDP/KDP_1024.jpg ../images/Photos/
毛色  black hooded (a,B,C,h)
近交世代数  F27+20
利用条件  
分類
 Inbred  Segregating  Congenic  Consomic  Recombinant
 Coisogenic  Spont. Mutant  Transgene  Ind. Mutant  その他 
コマーシャルブリーダー 日本エスエルシー株式会社
研究分野
 糖尿病・肥満  脳神経疾患  眼疾患  歯科疾患  循環器系疾患・高血圧
 がん・腫瘍  代謝、内分泌  耳鼻疾患  免疫・アレルギー疾患  感染症
 骨形態異常  消化器疾患  皮膚疾患  生殖器疾患  発生
 行動・学習  血液疾患  泌尿器疾患  薬理学  その他  
 対照動物  レポーター遺伝子動物
遺伝子 Cblb: Casitas B-lineage lymphoma b, RT1u
由来 大塚製薬徳島研究所由来のLETL系統から選抜交配により開発された糖尿病高発症系統(Komeda, 1998)。
特性など Iddm/kdp1遺伝子座が変異型のホモの場合、1型糖尿病を自然発症する。ホモ個体の発症率は70%から80%。糖尿病発症前後の膵臓にリンパ球浸潤像(膵島炎)が認められる。発症個体の維持には1日1回のインスリン投与が必須。MHCのRT1uハプロタイプおよびCblb (Casitas B-lineage lymphoma b)が主な2つの感受性遺伝子。
繁殖・維持方法 Iddm/kdp1遺伝子座が変異型のホモの場合、雄は繁殖不能になる。雌は、繁殖可能であるが、野生型に比べて繁殖・哺乳能力は著しく低下する。Iddm/kdp1遺伝子座についてヘテロ雌×ヘテロ雄の交配によるセグリゲイティング近交系として維持する。
遺伝診断法 PCR-RFLP primer; cblb-F;5'-TGC CCC TTC TGT CGC TGT GA-3' cblb-R;5'-CCT CGG TTT TGA ATC AAC AG-3' RFLP TaqⅠ size;160bp,182bp Iddm/kdp1の遺伝子型判定は、Cblb遺伝子における変異部位についてPCR-RFLPを用いて行う。
参考文献 Yokoi N, Hayashi C, Fujiwara Y, Wang HY, Seino S.
Genetic reconstitution of autoimmune type 1 diabetes with two major susceptibility genes in the rat.
Diabetes. 56(2):506-12, 2007.

Yokoi N, Komeda K, Wang HY, Yano H, Kitada K, Saitoh Y, Seino Y, Yasuda K, Serikawa T, Seino S.
Cblb is a major susceptibility gene for rat type 1 diabetes mellitus.
Nat Genet. 31(4):391-4, 2002.

Komeda K, Noda M, Terao K, Kuzuya N, Kanazawa M, Kanazawa Y.
Establishment of two substrains, diabetes-prone and non-diabetic, from Long-Evans Tokushima Lean (LETL) rats.
Endocr J. 45(6):737-44, 1998.

Yokoi N, Kanazawa M, Kitada K, Tanaka A, Kanazawa Y, Suda S, Ito H, Serikawa T, Komeda K.
A non-MHC locus essential for autoimmune type I diabetes in the Komeda Diabetes-Prone rat.
J Clin Invest. 15;100(8):2015-21, 1997.
系統情報 KDP