系統情報
 NBRP Rat No: 0023  系統名: WTC.ZI-Atrnzi/Kyo  通称: WTC.ZI-Atrnzi, WTC.ZI-zi Rat Genome Database
研究責任者:  芹川忠夫         京都大学大学院医学研究科        〒606-8501  京都府 京都市左京区吉田近衛町       日本
Tel: 075-753-4360    Fax: 075-753-4409 Email: serikawa@anim.med.kyoto-u.ac.jp
保存状況:   胚            精子           生体 ../images/Photos/WTC.ZI-zi/621a%20(Large).jpg ../images/Photos/WTC.ZI-zi/621z%20(Large).jpg
毛色  albino (c)
近交世代数  N23F29 (March 2012)
利用条件  
分類
 Inbred  Segregating  Congenic  Consomic  Recombinant
 Coisogenic  Spont. Mutant  遺伝子改変(GM)  Ind. Mutant  その他 
コマーシャルブリーダー
研究分野
 糖尿病・肥満  脳神経疾患  眼疾患  歯科疾患  循環器系疾患・高血圧
 がん・腫瘍  代謝、内分泌  耳鼻疾患  免疫・アレルギー疾患  感染症
 骨形態異常  消化器疾患  皮膚疾患  生殖器疾患  発生
 行動・学習  血液疾患  泌尿器疾患  薬理学  その他  
 対照動物  レポーター遺伝子動物
遺伝子 Atrn: attractin
由来 zitter ラットは1978年ハノーバ(ドイツ)の実験動物中央研究所の SD ラットコロニーから振戦を示すミュータントとして見出された。1983年、京都大学医学部附属動物実験施設に導入され、兄妹交配により近交化、ZI/Kyo として確立された。WTC.ZI-ziは、WTC 系統を対照系統とするために、ZI/Kyo 系統をWTC 系統に戻し交配することにより作出されたコンジェニック系統である。
特性など 振戦、中枢神経系の空胞変性。原因遺伝子はAtrn(attractin)。
繁殖・維持方法 ヘテロ雌とホモ雄の交配
遺伝診断法 原因遺伝子はAttractin。zi変異アレルはイントロン12内の8塩基対欠失。 遺伝診断プロトコール Atrn
参考文献 Muto Y, Sato K.
Pivotal role of attractin in cell survival under oxidative stress in the zitter rat brain with genetic spongiform encephalopathy.
Brain Res Mol Brain Res. 2003 Mar 17;111(1-2):111-22.

Kuramoto T, Kitada K, Inui T, Sasaki Y, Ito K, Hase T, Kawagachi S, Ogawa Y, Nakao K, Barsh GS, Nagao M, Ushijima T, Serikawa T.
Attractin/Mahogany/Zitter plays a critical role in myelination of the central nervous system.
Proc Natl Acad Sci USA, 98 (2): 559-564, 2001

Kuramoto T, Yamasaki K, Kondo A, Nakajima K, Yamada M, Serikawa T.
Production of WTC.ZI-zi rat congenic strain and its pathological and genetic analyses.
Exp Anim, 47: 75-81, 1998
系統情報 WTC ZI