系統情報
 NBRP Rat No: 0009  系統名: IS-Tlk/Kyo  通称: IS/Kyo-Tlk/Kyo, IS/Kyo-Tlk, Tail anomaly Lethal Kyoto Rat Genome Database
研究責任者:  芹川忠夫         京都大学大学院医学研究科        〒606-8501  京都府 京都市左京区吉田近衛町       日本
Tel: 075-753-4360    Fax: 075-753-4409 Email: serikawa@anim.med.kyoto-u.ac.jp
保存状況:   胚            精子           生体 ../images/Photos/IS_Kyo-Tlk/IS_Kyo-Tlk2_1024.jpg ../images/Photos/
毛色  agouti (A,B,C)
近交世代数  F10+F55 (May 2009)
利用条件  
分類
 Inbred  Segregating  Congenic  Consomic  Recombinant
 Coisogenic  Spont. Mutant  遺伝子改変(GM)  Ind. Mutant  その他 
コマーシャルブリーダー
研究分野
 糖尿病・肥満  脳神経疾患  眼疾患  歯科疾患  循環器系疾患・高血圧
 がん・腫瘍  代謝、内分泌  耳鼻疾患  免疫・アレルギー疾患  感染症
 骨形態異常  消化器疾患  皮膚疾患  生殖器疾患  発生
 行動・学習  血液疾患  泌尿器疾患  薬理学  その他  
 対照動物  レポーター遺伝子動物
遺伝子
由来 1988年9月25日京都大学大学院医学研究科附属動物実験施設で維持されていたIS系統のF10世代より、尾部の形態異常を示す個体として発見。交配試験から尾部の形態異常は、優勢ホモ致死遺伝子と推測されている。Tlk(Tail anomaly Lethal Kyoto)
特性など 腰椎を主部位とする椎骨および尾骨の異常を示す。遺伝様式不明確。
繁殖・維持方法 短尾個体と正常尾個体との交配
遺伝診断法
参考文献 Yoshihara M, Sato T, Saito D, Ohara O, Kuramoto T, Suyama M.
Application of target capture sequencing of exons and conserved non-coding sequences to 20 inbred rat strains.
Genomics Data. 2016 Dec; 10: 155-157

Takano M, Ogawa E, Saitou T, Yamaguchi Y, Asano Y, Serikawa T, Kuramoto T.
Morphological features of adult rats of IS/Kyo and IS-Tlk/Kyo strains with lumbar and caudal vertebral anomalies.
Exp Anim. 2014;63(3):269-75.

Takano M, Katsumata Y, Ogawa J, Ebata T, Urasoko Y, Asano Y, Serikawa T, Kuramoto T.
Morphological features of mutant rat, IS-Tlk/Kyo, fetuses with caudal vertebral anomalies.
Congenit Anom (Kyoto). 52(1):42-47, 2012
系統情報 IS/Kyo