系統情報
 NBRP Rat No: 0029  系統名: KMI/Tky  通称: KMI, Komeda miniature rat Ishikawa Rat Genome Database
研究責任者:  川本英一         東京医科大学        〒160-8402  東京都 東京都新宿区新宿6-1-1       日本
Tel: 03-3351-6141    Fax: 03-3350-8689 Email: kawamoto@tokyo-med.ac.jp
保存状況:   胚            精子           生体 ../images/Photos/ ../images/Photos/
毛色  albino (c)
近交世代数  
利用条件  
分類
 Inbred  Segregating  Congenic  Consomic  Recombinant
 Coisogenic  Spont. Mutant  遺伝子改変(GM)  Ind. Mutant  その他 
コマーシャルブリーダー 石川実験動物研究所
研究分野
 糖尿病・肥満  脳神経疾患  眼疾患  歯科疾患  循環器系疾患・高血圧
 がん・腫瘍  代謝、内分泌  耳鼻疾患  免疫・アレルギー疾患  感染症
 骨形態異常  消化器疾患  皮膚疾患  生殖器疾患  発生
 行動・学習  血液疾患  泌尿器疾患  薬理学  その他  
 対照動物  レポーター遺伝子動物
遺伝子 Prkg2: protein kinase, cGMP-dependent, type II
由来 石川実験動物で維持されていたクローズドコロニーのWistarラットで発見、東京医大に導入されて系統として確立。
特性など 単一常染色体劣性変異miniature rat Ishikawa (mri) によって支配される。 mri遺伝子座が変異型のホモは体長、体重ともに正常個体の60%から70%と小型。 骨の長径が短縮。
繁殖・維持方法 表現型でヘテロ雌×ホモ雄の交配によるsegregating inbred strainとして維持する。
遺伝診断法 遺伝診断プロトコール prkg2
参考文献 Chikuda H, Kugimiya F, Hoshi K, Ikeda T, Ogasawara T, Shimoaka T, Kawano H, Kamekura S, Tsuchida A, Yokoi N, Nakamura K, Komeda K, Chung UI, Kawaguchi H
Cyclic GMP-dependent protein kinase II is a molecular switch from proliferation to hypertrophic differentiation of chondrocytes.
Genes Dev 1;18(19):2418-29, 2004.

Serizawa N.
[Initial characterization of a new miniature animal model in the rat: studies on anatomy, pituitary hormones and GH mRNA in miniature rat Ishikawa]
Nippon Naibunpi Gakkai Zasshi 20;69(1):33-45, 1993.

Tsuchida A, Yokoi N, Namae M, Fuse M, Masuyama T, Sasaki M, Kawazu S, Komeda K.
Phenotypic characterization of the Komeda miniature rat Ishikawa, an animal model of dwarfism caused by a mutation in Prkg2.
Comp Med. 58(6):560-7, 2008.
系統情報 KMI