系統情報
 NBRP Rat No: 0030  系統名: BB/WorTky  通称: BioBreeding rat Rat Genome Database
研究責任者:  川本英一         東京医科大学        〒160-8402  東京都 東京都新宿区新宿6-1-1       日本
Tel: 03-3351-6141    Fax: 03-3350-8689 Email: kawamoto@tokyo-med.ac.jp
保存状況:   胚            精子           生体 ../images/Photos/ ../images/Photos/
毛色  albino (c)
近交世代数  F37
利用条件  
分類
 Inbred  Segregating  Congenic  Consomic  Recombinant
 Coisogenic  Spont. Mutant  遺伝子改変(GM)  Ind. Mutant  その他 
コマーシャルブリーダー
研究分野
 糖尿病・肥満  脳神経疾患  眼疾患  歯科疾患  循環器系疾患・高血圧
 がん・腫瘍  代謝、内分泌  耳鼻疾患  免疫・アレルギー疾患  感染症
 骨形態異常  消化器疾患  皮膚疾患  生殖器疾患  発生
 行動・学習  血液疾患  泌尿器疾患  薬理学  その他  
 対照動物  レポーター遺伝子動物
遺伝子
由来 カナダのBio-Breeding laboratoriesにて発見、マサチューセッツ医科大学にて系統として確立。1983年、東京医大に導入。
特性など 1型糖尿病を自然発症する。発症率は80%から90%。糖尿病発症前後の膵臓にリンパ球浸潤像(膵島炎)が認められる他、甲状腺炎が高頻度で認められる。発症個体の維持には1日1回のインスリン投与が必須。
繁殖・維持方法 発症が確認された両親からの仔による兄妹交配。発症個体を繁殖に使う場合、1日1回のインスリン投与が必須。
遺伝診断法
参考文献 Nakhooda AF, Like AA, Chappel CI, Murray FT, Marliss EB.
The spontaneously diabetic Wistar rat. Metabolic and morphologic studies.
Diabetes. 1977 Feb;26(2):100-12.

Like AA, Rossini AA, Guberski DL, Appel MC, Williams RM.
Spontaneous diabetes mellitus: reversal and prevention in the BB/W rat with antiserum to rat lymphocytes.
Science. 1979 Dec 21;206(4425):1421-3.

Chappel CI, Chappel WR.
The discovery and development of the BB rat colony: an animal model of spontaneous diabetes mellitus.
Metabolism. 1983 Jul;32(7 Suppl 1):8-10.
系統情報 BB