系統情報
 NBRP Rat No: 0148  系統名: Gunn-Ugt1a1j/Slc  通称: Gunn/Slc-j/j, Gunn's (Nonhemolytic jaundiced rat) Rat Genome Database
研究責任者:  高木貞明         日本エスエルシー株式会社        〒431-1103  静岡県 浜松市湖東町3371-8       日本
Tel: 053-486-3178    Fax: 053-486-3156 Email: slc01@jslc.co.jp
保存状況:   胚            精子           生体 ../images/Photos/Gunn%20Slc-j%20j/711a%20(Large).jpg ../images/Photos/Gunn%20Slc-j%20j/711z%20(Large).jpg
毛色  black hooded
近交世代数  F32+54
利用条件  日本エスエルシー㈱の系統分与同意書に従う。
分類
 Inbred  Segregating  Congenic  Consomic  Recombinant
 Coisogenic  Spont. Mutant  Transgene  Ind. Mutant  その他 
コマーシャルブリーダー 日本エスエルシー株式会社
研究分野
 糖尿病・肥満  脳神経疾患  眼疾患  歯科疾患  循環器系疾患・高血圧
 がん・腫瘍  代謝、内分泌  耳鼻疾患  免疫・アレルギー疾患  感染症
 骨形態異常  消化器疾患  皮膚疾患  生殖器疾患  発生
 行動・学習  血液疾患  泌尿器疾患  薬理学  その他  
 対照動物  レポーター遺伝子動物
遺伝子 Ugt1a1: UDP glycosyltransferase 1 family, polypeptide A1
由来 Wistarラットに由来。
特性など 高ビリルビン血症。Ugt1A1遺伝子の1塩基(G)欠損によるフレームシフト変異。肝UDPグルクロン酸転移酵素(UDP-glucuronosyltransferase)の活性を欠くため間接型ビリルビンが高くなる。Crigler-Najjar症候群Ⅰ型のモデルラット。(Mar 2008)
繁殖・維持方法 兄妹交配(ヘテロ♀Xホモ♂)。繁殖効率悪い。
遺伝診断法
参考文献 Iyanagi T, Watanabe T, Uchiyama Y.
The 3-methylcholanthrene-inducible UDP-glucuronosyltransferase deficiency in the hyperbilirubinemic rat (Gunn rat) is caused by a -1 frameshift mutation.
J Biol Chem. 1989 Dec 15;264(35):21302-7.
系統情報 Gunn