系統情報
 NBRP Rat No: 0153  系統名: NAR/Slc  通称: Nagase analbuminemic rat Rat Genome Database
研究責任者:  高木貞明         日本エスエルシー株式会社        〒431-1103  静岡県 浜松市湖東町3371-8       日本
Tel: 053-486-3178    Fax: 053-486-3156 Email: slc01@jslc.co.jp
保存状況:   胚            精子           生体 ../images/Photos/NAR_Slc/391a%20(Large).jpg ../images/Photos/NAR_Slc/391z%20(Large).jpg
毛色  albino (c)
近交世代数  F44+15
利用条件  日本エスエルシー㈱の系統分与同意書に従う。
分類
 Inbred  Segregating  Congenic  Consomic  Recombinant
 Coisogenic  Spont. Mutant  Transgene  Ind. Mutant  その他 
コマーシャルブリーダー 日本エスエルシー株式会社
研究分野
 糖尿病・肥満  脳神経疾患  眼疾患  歯科疾患  循環器系疾患・高血圧
 がん・腫瘍  代謝、内分泌  耳鼻疾患  免疫・アレルギー疾患  感染症
 骨形態異常  消化器疾患  皮膚疾患  生殖器疾患  発生
 行動・学習  血液疾患  泌尿器疾患  薬理学  その他  
 対照動物  レポーター遺伝子動物
遺伝子
由来 1993年、東京都老人総合研究所。SDラットクローズドコロニー(Jcl:SD)において見出された、無アルブミン血症を示すミュータントに由来。
特性など 無アルブミン血症。常染色体劣性遺伝。高脂血症を伴う。アルブミン減少に代わってグロブリンが上昇するため、血清総タンパクの値は対照ラット(SDラット)のそれと変わらない。アルブミンmRNA前駆体のHIイントロン部分に7塩基の欠損があり、mRNAのプロセッシングが障害されるため、アルブミンを発現することができない。
繁殖・維持方法 兄妹交配。
遺伝診断法
参考文献 Nagase S, Shimamune K, Shumiya S.
Science. 1979 Aug 10;205(4406):590-1.
Albumin-deficient rat mutant.

Hitomi Y, Sugiyama K, Esumi H.
Suppression of the 5' splice site mutation in the Nagase analbuminemic rat with mutated U1snRNA.
Biochem Biophys Res Commun. 1998 Oct 9;251(1):11-6.
系統情報 NAR