系統情報
 NBRP Rat No: 0007  系統名: KHR/Kyo  通称: KHR, kaken hairless rat Rat Genome Database
研究責任者:  芹川忠夫         京都大学大学院医学研究科        〒606-8501  京都府 京都市左京区吉田近衛町       日本
Tel: 075-753-4360    Fax: 075-753-4409 Email: serikawa@anim.med.kyoto-u.ac.jp
保存状況:   胚            精子           生体 ../images/Photos/KHR(khr_khr)/351a%20(Large).jpg ../images/Photos/KHR(khr_khr)/351z%20(Large).jpg
毛色  albino (c,p)
近交世代数  F36+31 (March 2012)
利用条件  
分類
 Inbred  Segregating  Congenic  Consomic  Recombinant
 Coisogenic  Spont. Mutant  遺伝子改変(GM)  Ind. Mutant  その他 
コマーシャルブリーダー
研究分野
 糖尿病・肥満  脳神経疾患  眼疾患  歯科疾患  循環器系疾患・高血圧
 がん・腫瘍  代謝、内分泌  耳鼻疾患  免疫・アレルギー疾患  感染症
 骨形態異常  消化器疾患  皮膚疾患  生殖器疾患  発生
 行動・学習  血液疾患  泌尿器疾患  薬理学  その他  
 対照動物  レポーター遺伝子動物
遺伝子
由来 1987年科研製薬(株)総合研究所で維持されていたGunn's Ratコロニーから出現。2002年6月19日にF36世代が京都大学大学院医学研究科附属動物実験施設に導入。
特性など 生後3-4週齢で完全に脱毛。ホモ個体の体重はヘテロ個体に比べ雌雄とも小さい。ホモ♀は哺育能力に劣る。 ピンクアイダイリューションOca2(別名P)に欠失変異を持つ(Kuramoto, 2005)。 第7染色体上の5つのKeratin(krt) 遺伝子を含む領域に80kbの欠失を有する(Kuramoto, 2010)。(Jul 4, 2011)
繁殖・維持方法 ヘテロ雌とホモ雄との交配。
遺伝診断法
参考文献 Kuramoto T, Gohma H, Kimura K, Wedekind D, Hedrich HJ, Serikawa T.
The rat pink-eyed dilution (p) mutation: an identical intragenic deletion in pink-eye dilute-coat strains and several Wistar-derived albino strains.
Mamm Genome. 2005 Sep;16(9):712-9.

Takashi Kuramoto, Satoshi Nakanishi, Ken-ichi Yamasaki, Kenta Kumafuji, Yuichi Sakakibara, Yuki Neoda, Akiko Takizawa, Takehito Kaneko, Mito Otsuki, Ryoko Hashimoto, Birger Voigt, Tomoji Mashimo and Tadao Serikawa
Genetic Quality Control of the Rat Strains at the National Bio Resource Project-Rat
ibc.2010 Volume 2 Article no. 0012
系統情報 KHR