系統情報
 NBRP Rat No: 0193  系統名: SHR/Izm  通称: Rat Genome Database
研究責任者:  家森幸男         SHR等疾患モデル共同研究会        〒606-8413  京都 京都市浄土寺下馬場町健寿ビル 2F86        日本
Tel: 075-761-2371    Fax: 075-761-2371 Email: dmcra@j.email.ne.jp
保存状況:   胚            精子           生体 ../images/Photos/SHR_Izm/a%20(Large).JPG ../images/Photos/SHR_Izm/o%20(Large).JPG
毛色  albino (c)
近交世代数  F110
利用条件  利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得る。
SHR等モデル共同研究会に入会し、会則等会の定める諸規定を遵守すること。
また、理事会の決定に従うこと。
分類
 Inbred  Segregating  Congenic  Consomic  Recombinant
 Coisogenic  Spont. Mutant  Transgene  Ind. Mutant  その他 
コマーシャルブリーダー
研究分野
 糖尿病・肥満  脳神経疾患  眼疾患  歯科疾患  循環器系疾患・高血圧
 がん・腫瘍  代謝、内分泌  耳鼻疾患  免疫・アレルギー疾患  感染症
 骨形態異常  消化器疾患  皮膚疾患  生殖器疾患  発生
 行動・学習  血液疾患  泌尿器疾患  薬理学  その他  
 対照動物  レポーター遺伝子動物
遺伝子
由来 SHRラットは、岡本らにより京都大学医学部病理学教室のウィスター京都ラット(Wistar-Kyoto)より高血圧を指標に選択交配を繰り返すことにより1963年に確立された(Okamoto, 1963)。その後、島根難病研究所、島根医科大学、京都大学大学院人間環境学研究科を経て、1994年よりSHR等疾患モデル共同研究会にて維持している。
特性など 高血圧、心肥大、腎硬化症、心不全。対照系統はWKY。
繁殖・維持方法 繁殖成績良好。
遺伝診断法
参考文献 Yao H, Nabika T.
Standards and pitfalls of focal ischemia models in spontaneously hypertensive rats: With a systematic review of recent articles.
J Transl Med. 2012 Jul 6;10(1):139.

Yamori,Y et.al. : The Spontaneously Hypertensive Rat. In: Textbook of hypertension,
ed. By Swales,J.D.,Blackwell Scientific Publication, Oxford, 1994,pp447-455
系統情報 SHR