系統情報
 NBRP Rat No: 0219  系統名: WT/Jtt  通称: WT, 切歯白墨化ラット(whitish teeth rat) Rat Genome Database
研究責任者:  谷口和之         岩手大学農学部        〒020-8550  岩手県 盛岡市上田3-18-8       日本
Tel: 019-621-6207    Fax: 019-621-6209 Email: anatomia@iwate-u.ac.jp
保存状況:   胚            精子           生体 ../images/Photos/WT/WT_1024.jpg ../images/Photos/WT/WT_teeth_1024.jpg
毛色  albino (c)
近交世代数  F22 (May 2009)
利用条件  利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得ること。
利用者は、寄託者との共同研究を行う。
分類
 Inbred  Segregating  Congenic  Consomic  Recombinant
 Coisogenic  Spont. Mutant  遺伝子改変(GM)  Ind. Mutant  その他 
コマーシャルブリーダー
研究分野
 糖尿病・肥満  脳神経疾患  眼疾患  歯科疾患  循環器系疾患・高血圧
 がん・腫瘍  代謝、内分泌  耳鼻疾患  免疫・アレルギー疾患  感染症
 骨形態異常  消化器疾患  皮膚疾患  生殖器疾患  発生
 行動・学習  血液疾患  泌尿器疾患  薬理学  その他  
 対照動物  レポーター遺伝子動物
遺伝子
由来 Crj:CD(SD)IGSラットから発見された切歯の白墨化を伴うミュータントを起源として、以後、兄妹交配により本形質を維持。
特性など 切歯の白墨調変化。原因遺伝子 whitich chalk-like teeth (wct)は14染色体にマップされており、常染色体単一劣性遺伝である(Masuyama, 2005)。
繁殖・維持方法 正常(+/-)×異常(-/-)、兄妹交配。
遺伝診断法
参考文献 Masuyama T, Miyajima K, Ohshima H, Osawa M, Yokoi N, Oikawa T, Taniguchi K.
A novel autosomal-recessive mutation, whitish chalk-like teeth, resembling amelogenesis imperfecta, maps to rat chromosome 14 corresponding to human 4q21.
Eur J Oral Sci. 2005 Dec;113(6):451-6.

Osawa M, Kenmotsu S, Masuyama T, Taniguchi K, Uchida T, Saito C, Ohshima H.
Rat wct mutation prevents differentiation of maturation-stage ameloblasts resulting in hypo-mineralization in incisor teeth.
Histochem Cell Biol. 2007 Sep;128(3):183-93.

Osawa M, Kenmotsu S, Masuyama T, Taniguchi K, Uchida T, Saito C, Ohshima H.
Rat wct mutation induces a hypo-mineralization form of amelogenesis imperfecta and cyst formation in molar teeth.
Cell Tissue Res. 2007 Oct;330(1):97-109.
系統情報