系統情報
 NBRP Rat No: 0259  系統名: WF/Kop  通称: Wistar Furth Rat Genome Database
研究責任者:  仙波伊知郎         鹿児島大学        〒890-8544  鹿児島県 鹿児島市桜ヶ丘8-35-1       日本
Tel: 099-275-6142    Fax: 099-275-6148 Email: semba@dent.kagoshima-u.ac.jp
保存状況:   胚            精子           生体 ../images/Photos/WF_kop/1531a1024.jpg ../images/Photos/WF_kop/1531z1024.jpg
毛色  albino (c)
近交世代数  F103+26 (April 2012)
利用条件  利用者は、研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。
Kitano, M., Hatano, H. and Shisa, H.
Strain difference of susceptibility to 4-nitroquinoline 1-oxide-induced tongue carcinoma in rats.
Jpn. J. Cancer Res. 1992, 83: 843-50.
分類
 Inbred  Segregating  Congenic  Consomic  Recombinant
 Coisogenic  Spont. Mutant  遺伝子改変(GM)  Ind. Mutant  その他 
コマーシャルブリーダー
研究分野
 糖尿病・肥満  脳神経疾患  眼疾患  歯科疾患  循環器系疾患・高血圧
 がん・腫瘍  代謝、内分泌  耳鼻疾患  免疫・アレルギー疾患  感染症
 骨形態異常  消化器疾患  皮膚疾患  生殖器疾患  発生
 行動・学習  血液疾患  泌尿器疾患  薬理学  その他  
 対照動物  レポーター遺伝子動物
遺伝子
由来 J. Furthが白血病好発ラットを樹立する目的で、1945年にWistarラットより樹立。その後広島大学へ輸入され、1976年に同大学から埼玉県立がんセンターに導入され、1986年にその一部が鹿児島大学歯学部口腔病理学講座に移管されたものである。通称Wistar-Furth、W/Fu。
特性など 4-nitroquinoline 1-oxide(4NQO)の0.001% 水溶液を飲用水として与える口腔癌発がん実験において、発がん抵抗性を示す(Kitano, 1992、Kitano, 1996)。この発がん抵抗性に関する5つのQTL、Tscc12345(それぞれTcas56234)が報告された(Tanuma, 1998、Tanuma, 2001)。これらQTLを含むコンジェニック系統が作製された(NBRP No. 0265~0269参照)。 MHCクラスIがRT1uであり、移植研究等に用いられることもある。(10.8.17)
繁殖・維持方法
遺伝診断法
参考文献 Igarashi M, Hippo Y, Ochiai M, Fukuda H, Nakagama H.
AKT is critically involved in cooperation between obesity and the dietary carcinogen amino-1-methyl-6-phenylimidazo [4,5-b] (PhIP) toward colon carcinogenesis in rats.
Biochem Biophys Res Commun. 2013 Dec 13. pii: S0006-291X(13)02128-1.

化研紀要 33:3-12, 2002

Kitano M, Hatano H, Shisa H.
Strain difference of susceptibility to 4-nitroquinoline 1-oxide-induced tongue carcinoma in rats.
Jpn J Cancer Res. 1992 Aug;83(8):843-50.

Kitano M, Hirayama Y, Tanuma J, Matsuuchi H, Miura Y, Li TJ, Semba I, Ozaki HS, Kokubu T, Hatano H, Tada M, Kobayashi Y, Shisa H.
Genetic controls of susceptibility and resistance to 4-nitroquinoline 1-oxide-induced tongue carcinomas in rats.
Jpn J Cancer Res. 87(11):1097-101, 1996.

Tanuma J, Shisa H, Hiai H, Higashi S, Yamada Y, Kamoto T, Hirayama Y, Matsuuchi H, Kitano M.
Quantitative trait loci affecting 4-nitroquinoline 1-oxide-induced tongue carcinogenesis in the rat.
Cancer Res. 15;58(8):1660-4, 1998.

Tanuma JI, Fujii K, Hirano M, Matsuuchi H, Shisa H, Hiai H, Kitano M.
Five quantitative trait loci affecting 4-nitroquinoline 1-oxide-induced tongue cancer in the rat.
Jpn J Cancer Res. 2001 Jun;92(6):610-6.
系統情報 WF