系統情報
 NBRP Rat No:   系統名: W-Tg(CAG-DsRed2/GFP)15Jmsk  通称: Wistar-Tg(CAG-DsRed2/GFP)15Jmsk, Wistar-Tg(CAG-LRL,GFP)15Jmsk, LRL-GFP15 Rat Genome Database
研究責任者:  小林英司         自治医科大学分子病態治療研究センター        〒329-0498  栃木県 栃木県下野市薬師寺3311-1       日本
Tel: 0285-58-7446    Fax: 0285-44-5365 Email: eijikoba@jichi.ac.jp
保存状況:   胚            精子           生体
毛色  albino (c)
近交世代数  F6 (Jun 2010)
利用条件  利用者は、寄託後1年間は事前に寄託者の提供承諾書を得ること。それ以降は、寄託者の指定する文献を引用すること。
分類
 Inbred  Segregating  Congenic  Consomic  Recombinant
 Coisogenic  Spont. Mutant  遺伝子改変(GM)  Ind. Mutant  その他 
コマーシャルブリーダー
研究分野
 糖尿病・肥満  脳神経疾患  眼疾患  歯科疾患  循環器系疾患・高血圧
 がん・腫瘍  代謝、内分泌  耳鼻疾患  免疫・アレルギー疾患  感染症
 骨形態異常  消化器疾患  皮膚疾患  生殖器疾患  発生
 行動・学習  血液疾患  泌尿器疾患  薬理学  その他  
 対照動物  レポーター遺伝子動物
遺伝子 DsRed: red fluorescent protein, GFP: Green Fluorescent Protein, jellyfish
由来 自治医大で作製。
Crlj:WI (日本チャールス・リバーのWistar)由来のトランスジェニックラット。
特性など Cre/LoxP systemで遺伝子発現を制御している。CAGプロモーターの制御化で全身の組織細胞にDsRedを発現し、Cre酵素でGFPの発現が誘導される。骨格筋に高発現。 参考文献(*)ではNBRPNo 0282(ライン15)を使用している。NBRPNo 0281(ライン1)に比べ、NBRPNo 0282(ライン15)の方が、DsRedの輝度が強い。
遺伝子組換え生物
遺伝子組換え生物等の第二種使用等、大臣確認:不要、宿主:ラット、供与核酸:GFP遺伝子、施行規則第十六条第一号、第二号又は第四号に基づく使用等:該当なし、拡散防止区分:P1A、組換えの分類:TG
繁殖・維持方法 繁殖成績良好
遺伝診断法 遺伝診断プロトコール pDsRed2 遺伝診断プロトコール LoxP site
参考文献 Pomrenze MB, Millan EZ, Hopf FW, Keiflin R, Maiya R, Blasio A, Dadgar J, Kharazia V, De Guglielmo G, Crawford E, Janak PH, George O, Rice KC, Messing RO.
A Transgenic Rat for Investigating the Anatomy and Function of Corticotrophin Releasing Factor Circuits.
Front Neurosci. 2015; 9: 487.

* Sato Y, Endo H, Ajiki T, Hakamata Y, Okada T, Murakami T, Kobayashi E.
Establishment of Cre/LoxP recombination system in transgenic rats.
Biochem Biophys Res Commun. 9;319(4):1197-202, 2004.
系統情報 Wistar