系統情報
 NBRP Rat No: 0287  系統名: WTC-swh/Kyo  通称: WTC-swh Rat Genome Database
研究責任者:  庫本高志         京都大学大学院医学研究科        〒606-8501  京都府 京都市左京区吉田近衛町       日本
Tel: 075-753-4494    Fax: 075-753-4409 Email: kuramot@anim.med.kyoto-u.ac.jp
保存状況:   胚            精子           生体 ../images/Photos/WTC.hair/991a%20(Large).jpg ../images/Photos/WTC.hair/991z%20(Large).jpg
毛色  albino (c)
近交世代数  F37 (March 2012)
利用条件   利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得ること。
商用に使用する際には、本同意書とは別に、寄託者と契約を結ばねばならない。
分類
 Inbred  Segregating  Congenic  Consomic  Recombinant
 Coisogenic  Spont. Mutant  遺伝子改変(GM)  Ind. Mutant  その他 
コマーシャルブリーダー
研究分野
 糖尿病・肥満  脳神経疾患  眼疾患  歯科疾患  循環器系疾患・高血圧
 がん・腫瘍  代謝、内分泌  耳鼻疾患  免疫・アレルギー疾患  感染症
 骨形態異常  消化器疾患  皮膚疾患  生殖器疾患  発生
 行動・学習  血液疾患  泌尿器疾患  薬理学  その他  
 対照動物  レポーター遺伝子動物
遺伝子
由来 1998年国立がんセンター研究所で維持していたWTC.ZI-Atrnziコロニーに出現。 その後、zi変異を除去し、兄妹交配で維持。 2002年4月京都大学大学院医学研究科附属動物実験施設に導入。
特性など ホモ個体の被毛は薄く、ウェイブしている。4-5週齢頃に最も顕著となる。 ホモは雌雄ともヘテロ個体に比べ低体重である。 原因遺伝子座Sparse and wavy (Swh)はラット第17染色体テロメア近傍にマップされた。さらに、2011年には、Edaradd遺伝子におけるミスセンス変異が報告された(Kuramoto et al. 2011)。
繁殖・維持方法 ホモ個体は雄、雌とも妊性あり。雌は哺乳能力が弱いので産子を離乳時まで育てることができない。従って、系統維持は、ヘテロ雌とホモ雄の交配で行っている。
遺伝診断法
参考文献 Yoshihara M, Saito D, Sato T, Ohara O, Kuramoto T, Suyama M.
Design and application of a target capture sequencing of exons and conserved non-coding sequences for the rat.
BMC Genomics. 2016 Aug 9;17:593.

Kuramoto T, Yokoe M, Hashimoto R, Hiai H, Serikawa T.
A rat model of hypohidrotic ectodermal dysplasia carries a missense mutation in the Edaradd gene.
BMC Genetics 12:91, 2011

Kuramoto T, Morimura K, Nomoto T, Namiki C, Hamada S, Fukushima S, Sugimura T, Serikawa T, Ushijima T.
Sparse and wavy hair: a new model for hypoplasia of hair follicle and mammary glands on rat chromosome 17.
J Hered. 2005 Jul-Aug;96(4):339-45.
系統情報 WTC