系統情報
 NBRP Rat No: 0489  系統名: F344-Tg(CAG-EGFP)Ncco  通称: F344/DuCrlClrj-Tg(CAG-EGFP)Ncco, F344/DuCrlCrlj-TgN(CAG-EGFP)Ncco, F344-EGFP rat Rat Genome Database
研究責任者:  落谷 孝広         国立がんセンター研究所        〒104-0045   東京 東京都中央区築地5-1-1       日本
Tel: 03-3542-2511    Fax: 03-3541-2685 Email: tochiya@ncc.go.jp
保存状況:   胚            精子           生体 ../images/Photos/F344_TgCAG_EGFP_Ncco/F344_TgCAG_EGFP_Ncco_1024.jpg ../images/Photos/F344_TgCAG_EGFP_Ncco/F344_TgCAG_EGFP_Ncco_GFP_1024.jpg
毛色  albino (c)
近交世代数  F4+14 (March 2012)
利用条件  利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得ること。利用者に提供され、学会での発表や論文投稿の際には寄託者に連絡するとともに、謝辞の表明を必要とする。利用の結果得られた成果にかかる権利等(例:特許)を申請する際には寄託者に連絡なしに行うことはできない。
分類
 Inbred  Segregating  Congenic  Consomic  Recombinant
 Coisogenic  Spont. Mutant  Transgene  Ind. Mutant  その他 
コマーシャルブリーダー
研究分野
 糖尿病・肥満  脳神経疾患  眼疾患  歯科疾患  循環器系疾患・高血圧
 がん・腫瘍  代謝、内分泌  耳鼻疾患  免疫・アレルギー疾患  感染症
 骨形態異常  消化器疾患  皮膚疾患  生殖器疾患  発生
 行動・学習  血液疾患  泌尿器疾患  薬理学  その他  Transplantation
 対照動物  レポーター遺伝子動物
遺伝子 GFP: Green Fluorescent Protein, jellyfish
由来 CAGプロモーターの下流にEGFP(Enhanced Green Fluorescent Protein)遺伝子を連結したDNA断片をF344/DuCrj(RT1l)の胚にインジェクションして作製したトランスジェニックラット。
特性など
遺伝子組換え生物
EGFPの蛍光を認める。EGFPの発現は、皮膚、脳、心臓、肺、脾臓、肝臓、腎臓、精巣、精子、子宮、筋肉など全身のほとんどの組織。
繁殖・維持方法 雄または雌の蛍光有りのラットをF344/DuCrjと自然交配を行い、蛍光有りの産仔を選抜して繁殖する
遺伝診断法 蛍光の有無を確認し、Tgラットを選抜 遺伝子診断プロトコル EGFP
参考文献 Watanabe H, Ochiya T, Ueda S, Kominami Y, Gon R, Nishiki M, Hayashi M, Sasaki A, Shiraishi M, Kashimoto N, Myojin Y, Kamiya K.
Differentiation of a hepatic phenotype after heterotropic transplantation of heart, kidney, brain, and skin tissues into liver in F344 rats.
Biochem Biophys Res Commun. 2007 Mar 23;354(4):841-5.
系統情報 F344