系統情報
 NBRP Rat No: 0002  系統名: ACI-Lystbg-Kyo/Kyo  通称: ACI/NKyo-Lystbg-Kyo/Kyo, ACI/NKyo-Lystbg-Kyo, ACI/N-bg Rat Genome Database
研究責任者:  芹川忠夫         京都大学大学院医学研究科        〒606-8501  京都府 京都市左京区吉田近衛町       日本
Tel: 075-753-4360    Fax: 075-753-4409 Email: serikawa@anim.med.kyoto-u.ac.jp
保存状況:   胚            精子           生体 ../images/Photos/ACI_N-bg/331a%20(Large).jpg ../images/Photos/ACI_N-bg/331z%20(Large).jpg
毛色  beige (A,B,hi,bg)
近交世代数  F35+F27 (May 2009)
利用条件  
分類
 Inbred  Segregating  Congenic  Consomic  Recombinant
 Coisogenic  Spont. Mutant  遺伝子改変(GM)  Ind. Mutant  その他 
コマーシャルブリーダー
研究分野
 糖尿病・肥満  脳神経疾患  眼疾患  歯科疾患  循環器系疾患・高血圧
 がん・腫瘍  代謝、内分泌  耳鼻疾患  免疫・アレルギー疾患  感染症
 骨形態異常  消化器疾患  皮膚疾患  生殖器疾患  発生
 行動・学習  血液疾患  泌尿器疾患  薬理学  その他  
 対照動物  レポーター遺伝子動物
遺伝子 Lyst: lysosomal trafficking regulator
由来 1999年12月、京都大学医学部附属動物実験施設で維持されていたGermfreeのACI/NKyo系統より淡毛色の突然変異体として出現。以後兄妹交配で維持されている。
特性など 淡毛色、出血時間の延長。巨大顆粒を伴う球状白血球、好酸球、肥満細胞。ヒトのChediak-Higashi症候群のモデル。ベージュラットとしては第17番染色体Lyst遺伝子に変異を持つDA/Ham-Lystbg(DAベージュラット)が報告されていたが、このラットの原因遺伝子はLyst遺伝子の新たな対立遺伝子Lystbg-Kyoとして報告された(Mori, 2003)。Lystbg-Kyoは、cDNAレベルでDAベージュラットと同じ578bpの欠失であった。ゲノムDNAレベルで、この変異はL1配列の組み換えによるエクソン28、29、30の欠失であることが判明したが、DAベージュラットの変異とは組み換え部位が異なっていた。Lystbg-KyoLystbgはnested PCR-RFLP解析により判別が可能である(Masui, 2004)。(May 21, 2009)
繁殖・維持方法 ミュータントホモ同士の交配で維持するが産仔数は少ない。
遺伝診断法
参考文献 山崎賢一、中西聡、北田一博、芹川忠夫、西川哲、並木千晶、浜田修一、橋本敦

ACI/N系統に出現した新たな淡毛色ラットの解析

第68回関西動物実験研究会要旨



Mori M, Yamasaki K, Nakanishi S, Kitada K, Higuchi K, Namiki C, Hamada S, Serikawa T.

A new beige mutant rat ACI/NKyo-Lyst

Exp. Anim. 52(1), 31-36, 2003.



Masui N, Mori M, Nishikawa T, Takagi Y, Asai H, Yanabe M, Yamasaki K, Serikawa T, Sato K.

An allele-specific genotyping method for rat lyst (lysosomal trafficking regulator) gene.

Exp Anim. 2004 53(1):77-80.
系統情報 ACI