系統情報
 NBRP Rat No: 0458  系統名: F344-Adms/Kyo  通称: ADMS(autosomal dominant myokymia and seizures)rat, KER(Kyoto Epileptic Rat), Boo Rat Genome Database
研究責任者:  真下知士         大阪大学大学院医学系研究科        〒565-0871   大阪府 大阪府吹田市山田丘2-2       日本
Tel: 06-6879-3171    Fax: 06-6879-3107 Email: mashimo@iexas.med.osaka-u.ac.jp
保存状況:   胚            精子           生体
毛色  albino (c)
近交世代数  N7 (May 2009)
利用条件  利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得ること。
商用に使用する際には、本同意書とは別に、寄託者と契約を結ばねばならない。
分類
 Inbred  Segregating  Congenic  Consomic  Recombinant
 Coisogenic  Spont. Mutant  Transgene  Ind. Mutant  その他 
コマーシャルブリーダー
研究分野
 糖尿病・肥満  脳神経疾患  眼疾患  歯科疾患  循環器系疾患・高血圧
 がん・腫瘍  代謝、内分泌  耳鼻疾患  免疫・アレルギー疾患  感染症
 骨形態異常  消化器疾患  皮膚疾患  生殖器疾患  発生
 行動・学習  血液疾患  泌尿器疾患  薬理学  その他  
 対照動物  レポーター遺伝子動物
遺伝子
由来 ENUミュータジェネシスにより作製されたG1ラット群の中で、myokymia(筋波動症)、てんかん様発作を起こす個体として発見された(phenotype-driven)。
特性など ADMSラットは優性でmyokymia、 neuromyotonia、generalized tonic-clonic seizuresを自発的に示す。 また冷水浴でtremor、neuromyotonia、motor incoordinationが誘発される。
繁殖・維持方法 繁殖成績良好だが、発作が始まる4,5ヵ月齢になると繁殖成績が落ちる。雌は育児放棄する傾向にある。 F344/NSlc雌との戻し交配にてヘテロ維持している。
遺伝診断法 遺伝診断プロトコール Kcna1
参考文献 Serikawa T, Mashimo T, Kuramoto T, Voigt B, Ohno Y, Sasa M.
Advances on Genetic Rat Models of Epilepsy.
Exp Anim. 64(1):1-7, 2015.

Ishida S, Sakamoto Y, Nishio T, Baulac S, Kuwamura M, Ohno Y, Takizawa A, Kaneko S, Serikawa T, Mashimo T.
Kcna1-mutant rats dominantly display myokymia, neuromyotonia and spontaneous epileptic seizures.
Brain Res. 2012 Jan 30;1435:154-66.
系統情報