系統情報
 NBRP Rat No: 0478  系統名: DA.Cg-Foxn1rnu Lystbg/Slc  通称: DA-Foxn1rnu Lystbg/Slc, DA/Slc-Foxn1rnu Lystbg, DA/Slc-bg rnu Rat Genome Database
研究責任者:  増井則夫          日本エスエルシー株式会社         〒433-8114  静岡県 浜松市中区葵東三丁目5番1号        日本
Tel: 053-437-5348    Fax: 053-436-4320 Email: n-masui@jslc.co.jp
保存状況:   胚            精子           生体
毛色  dark agouti (heterozygous)、 hairless (homozygous)
近交世代数  ?+N16
利用条件  
分類
 Inbred  Segregating  Congenic  Consomic  Recombinant
 Coisogenic  Spont. Mutant  遺伝子改変(GM)  Ind. Mutant  その他 
コマーシャルブリーダー
研究分野
 糖尿病・肥満  脳神経疾患  眼疾患  歯科疾患  循環器系疾患・高血圧
 がん・腫瘍  代謝、内分泌  耳鼻疾患  免疫・アレルギー疾患  感染症
 骨形態異常  消化器疾患  皮膚疾患  生殖器疾患  発生
 行動・学習  血液疾患  泌尿器疾患  薬理学  その他  
 対照動物  レポーター遺伝子動物
遺伝子 Foxn1: forkhead box N1 ,Lyst: lysosomal trafficking regulator
由来 このコンジェニックの作製には3系統のラットが関係している。DA/Slc:ペンシルバニア大学からオーストラリア国立大学、熊本大学を経て1983年に日本エスエルシー株式会社(SLC)に分与された。DA/Ham:ペンシルバニア大学からオーストラリア国立大学を経て、1973年に浜松医科大学に分与された。1985年DA/Hamのコロニーから自然発生突然変異体DA/Ham-Lystbgが発見された。DA-Foxn1rnu:国立成育医療センター研究所からSLCに分与された。その後、DA/SlcとDA/Ham-LystおよびDA-Foxn1rnuの交配によってDA/Slc-Foxn1rnu Lystbg複合免疫欠損ダブルミュータントラット系統群が樹立された。(May 21, 2009)
特性など Foxn1rnuLystbgのダブルミュータントは、無毛、無胸腺に加え、出血傾向、低いNK細胞活性が確認されているが、出生後、早期に高率に死亡する。
繁殖・維持方法 DA/Slc-Foxn1rnu Lystbgのダブルヘテロの雌雄またはFoxn1rnu/+ Lystbg/Lystbgの雌雄による交配は可能である。
遺伝診断法 遺伝診断プロトコール Foxn1
参考文献 Masui N, Nishikawa T, Takagi Y, Mori M, Suzuki T, Sato K.
The rat lysosomal trafficking regulator (Lyst) gene is mapped on the telomeric region of chromosome 17.
Exp Anim. 2003 52(1):89-91.

Masui N, Mori M, Nishikawa T, Takagi Y, Asai H, Yanabe M, Yamasaki K, Serikawa T, Sato K.
An allele-specific genotyping method for rat lyst (lysosomal trafficking regulator) gene.
Exp Anim. 2004 53(1):77-80.

Masui N, Nishikawa T, Takagi Y, Kimura H, Mori M, Yokose S, Asai H, Gonda T, Yanabe M, Sato K.
Establishment of a set of combined immunodeficient DA/Slc-Foxn1(rnu) Lyst(bg) congenic rat strains.
Exp Anim. 2004 53(5):399-407.
系統情報 rnu