系統情報
 NBRP Rat No: 0568  系統名: SD-Tg(CAG-HRAS*G12V)250Htsu  通称: SD-Tg(CALNL-HrasGRV)250, Hras250 Rat Genome Database
研究責任者:  津田洋幸         名古屋市立大学大学院医学研究科        〒467-8601  愛知県 名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1       日本
Tel: 052-853-8992    Fax: 052-853-8996 Email: htsuda@med.nagoya-cu.ac.jp
保存状況:   胚            精子           生体
毛色  albino (c)
近交世代数  
利用条件  利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得る。研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。
分類
 Inbred  Segregating  Congenic  Consomic  Recombinant
 Coisogenic  Spont. Mutant  遺伝子改変(GM)  Ind. Mutant  その他 
コマーシャルブリーダー
研究分野
 糖尿病・肥満  脳神経疾患  眼疾患  歯科疾患  循環器系疾患・高血圧
 がん・腫瘍  代謝、内分泌  耳鼻疾患  免疫・アレルギー疾患  感染症
 骨形態異常  消化器疾患  皮膚疾患  生殖器疾患  発生
 行動・学習  血液疾患  泌尿器疾患  薬理学  その他  
 対照動物  レポーター遺伝子動物
遺伝子 HRAS: v-Ha-ras Harvey rat sarcoma viral oncogene homolog [ Homo sapiens ]
由来 日本クレアに依頼して作製したSD系のトランスジェニックラット。Jcl:SDにCAGプロモーター/loxP/ネオマイシン抵抗遺伝子カセット/loxP/Ha-ras*G12V(HrasV12)で構成された導入遺伝子を、SDラットの胚にインジェクションして作製した。
特性など
遺伝子組換え生物
Cre/LoxP systemで遺伝子発現を制御している。 CAGプロモーター、Cre recombinaseでヒト活性型HrasV12の発現が誘導される。
繁殖・維持方法 参考文献を参照
遺伝診断法 参考文献を参照
参考文献 Nohmi T, Masumura K, Toyoda-Hokaiwado N.
Transgenic rat models for mutagenesis and carcinogenesis.
Genes Environ. 2017 Feb 1;39:11.

Yabushita S, Fukamachi K, Kikuchi F, Ozaki M, Miyata K, Sukata T, Deguchi Y, Tanaka H, Kakehashi A, Kawamura S, Uwagawa S, Wanibuchi H, Suzui M, Alexander DB, Tsuda H.
Twenty-One Proteins Up-Regulated in Human H-ras Oncogene Transgenic Rat Pancreas Cancers are Up-Regulated in Human Pancreas Cancer.
Pancreas. 2013 Aug;42(6):1034-9.

Ueda S, Fukamachi K, Matsuoka Y, Takasuka N, Takeshita F, Naito A, Iigo M, Alexander DB, Moore MA, Saito I, Ochiya T, Tsuda H.
Ductal origin of pancreatic adenocarcinomas induced by conditional activation of a human Ha-ras oncogene in rat pancreas.
Carcinogenesis. 2006 Dec;27(12):2497-510.
系統情報