系統情報
 NBRP Rat No: 0554  系統名: W-Tg(Slc32a1-YFP*)1Yyan  通称: Wistar-Tg(Slc32a1-YFP*)1Yyan, VGAT-Venus-A Rat Genome Database
研究責任者:  柳川右千夫         群馬大学大学院医学系研究科        〒371-8511  群馬県 前橋市昭和町3-39-22        日本
Tel: 027-220-8040     Fax: 027-220-8046 Email: yuchio@gunma-u.ac.jp
保存状況:   胚            精子           生体 ../images/Photos/W-TgYFP1/W-TgYFP1_1024.jpg ../images/Photos/
毛色  albino (c)
近交世代数  F?+9 (April 2012)
利用条件  1:利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得ること。
2:論文などの外部発表に関して、次の文献を引用して下さい。
Uematsu M, Hirai Y, Karube F, Ebihara S, Kato M, Abe K, Obata K, Yoshida S, Hirabayashi M, Yanagawa Y & Kawaguchi Y.
Quantitative chemical composition of cortical GABAergic neurons revealed in transgenic Venus-expressing rats.
Cereb Cortex 18, 315-330, 2008.
3:論文などの外部発表に関して、謝辞に次の文を入れて下さい。
“VGAT-Venus transgenic rats were generated by Drs. Y. Yanagawa, M. Hirabayashi and Y. Kawaguchi in National Institute for Physiological Sciences, Okazaki, Japan, using pCS2-Venus provided by Dr. A. Miyawaki.”
4:論文が雑誌に掲載された段階で、その別刷を川口泰雄教授(自然科学研究機構生理学研究所)と柳川右千夫教授(群馬大学大学院医学系研究科)にそれぞれ送って下さい。
送り先:
〒371-8511 前橋市昭和町3-39-22
群馬大学大学院医学系研究科
遺伝発達行動学分野
柳川右千夫
e-mail: yuchio@gunma-u.ac.jp
〒444-8787 愛知県岡崎市明大寺町字東山5-1
自然科学研究機構生理学研究所
大脳神経回路論研究部門
川口康雄
e-mail: yasuo@nips.ac.jp
5:VGAT-Venus トランスジェニックラット作成の際に使用したVenus cDNAは、理化学研究所脳科学総合研究センター、宮脇敦史チームリーダーから提供を受けました。Venus 提供に関する覚書として、「得られた成果を学会その他外部に発表する場合には、予め宮脇敦史先生にその旨連絡する。発表においては、本試料 (Venus) の出所について記すとともに、宮脇敦史先生に当該発表物1部を送付する」と記載されていますので、記載通りにお願いします。
連絡先:〒351-0198
埼玉県和光市広沢2-1
理化学研究所脳科学総合研究センター
細胞機能探索技術開発チーム
宮脇敦史
email: matsushi@brain.riken.jp
分類
 Inbred  Segregating  Congenic  Consomic  Recombinant
 Coisogenic  Spont. Mutant  遺伝子改変(GM)  Ind. Mutant  その他 
コマーシャルブリーダー
研究分野
 糖尿病・肥満  脳神経疾患  眼疾患  歯科疾患  循環器系疾患・高血圧
 がん・腫瘍  代謝、内分泌  耳鼻疾患  免疫・アレルギー疾患  感染症
 骨形態異常  消化器疾患  皮膚疾患  生殖器疾患  発生
 行動・学習  血液疾患  泌尿器疾患  薬理学  その他  
 対照動物  レポーター遺伝子動物
遺伝子 YFP* (Venus): yellow fluorescent protein variant, Slc32a1: solute carrier family 32 member 1
由来 2004年に自然科学研究機構生理学研究所で作成した。その後、2006年に群馬大学に導入され、維持されている。Crlj:WI(日本チャールス・リバーのWistar)由来のトランスジェニックラット。
特性など
遺伝子組換え生物
マウスSlc32a1(VGAT, vesicular GABA transporter)プロモーターの制御により抑制性ニューロンをVenus蛍光分子(YFP*)で標識することを目指したトランスジェニックラット。2系統(A系統: NBRP No.0554とB系統: NBRP No.0555)あり、Venus遺伝子の発現分布が異なる。大脳皮質前頭野の細胞では、VenusとGABAの発現がA系統で98%、B系統で93%それぞれ一致する。
繁殖・維持方法 ヘミ接合体のTgラットと野生型ラット(Wistar)を交配して生まれた産仔をゲノタイピングして、トランスジェニックラットを同定する。
遺伝診断法 遺伝診断プロトコール Slc32a1-YFP*
参考文献 Degro CE, Kulik A, Booker SA, Vida I.
Compartmental distribution of GABAB receptor-mediated currents along the somatodendritic axis of hippocampal principal cells.
Front Synaptic Neurosci. 2015 Mar 23;7:6.


Ueta Y, Otsuka T, Morishima M, Ushimaru M, Kawaguchi Y.
Multiple layer 5 pyramidal cell subtypes relay cortical feedback from secondary to primary motor areas in rats.
Cereb Cortex. 2014 Sep;24(9):2362-76.

Otsuka T, Kawaguchi Y.
Common excitatory synaptic inputs to electrically connected cortical fast-spiking cell networks.
J Neurophysiol. 2013 Aug;110(4):795-806.

Uematsu M, Hirai Y, Karube F, Ebihara S, Kato M, Abe K, Obata K, Yoshida S, Hirabayashi M, Yanagawa Y & Kawaguchi Y.
Quantitative chemical composition of cortical GABAergic neurons revealed in transgenic Venus-expressing rats.
Cereb Cortex 18, 315-330, 2008.
系統情報