English
 NBRP Rat No: 0853 系統名 :    LE-Tg(Pvalb-cre)2-28Koba 通称: PVA-Cre RecBAC 2-28ラット、LE-Tg(PVA-cre)2-28Koba
 研究責任者:   小林 和人
 所属機関名:  福島県立医科大学医学部付属生体情報伝達研究所生体機能研究部門
  住所:   〒960-1295 

 福島県 福島市光が丘1番地

 日本
 電話番号:  024-547-1667  Fax: 024-548-3936  kazuto@fmu.ac.jp
 近交世代数:  F5 (October 2016) 
   
 毛色:  
 保存状況:
 
 白黒
  胚           精子          生体
  利用条件:  利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得る。
利用者は、寄託者との共同研究を必要とする。詳細については寄託者と事前に相談すること。 
 分類:   Inbred   Segregating   Congenic   Consomic    Recombinant 
  Coisogenic   Spont. Mutant    Transgene   Ind. Mutant    その他  
  コマーシャルブリーダー:   
 研究分野:   糖尿病・肥満    脳神経疾患   眼疾患    歯科疾患   循環器系疾患・高血圧
  がん・腫瘍   代謝、内分泌    耳鼻疾患   発生   感染症
   骨形態異常   消化器疾患   皮膚疾患    生殖器疾患   免疫・アレルギー疾患
   行動・学習   血液疾患   泌尿器疾患   薬理学   その他  脳神経科学一般
  対照動物   レポーター遺伝子動物  
 遺伝子: cre: cre recombinase protein, Pvalb:parvalbumin
 由来: バックグラウンド系統:Long-Evans (Iar:Long-Evans, 動物繁殖研究所) 導入した遺伝子の詳細:本ラットはマウスPvalb遺伝子の第2エキソン部分にcre遺伝子を挿入した改変BACをLong-Evansラット受精卵にインジェクションして作製した。 BACの詳細な情報(参考文献): Parvalbumin neurons in the forebrain as revealed by parvalbumin-Cre transgenic mice. Tanahira C, Higo S, Watanabe K, Tomioka R, Ebihara S, Kaneko T, Tamamaki N. Neurosci Res. 2009 Mar;63(3):213-23. doi: 10.1016/j.neures.2008.12.007. Epub 2009 Jan 9. PMID:19167436  
 特性など: Pvalb制御下で、cre recombinaseを発現するトランスジェニックラット。 遺伝子組換え生物等の第一種使用等、大臣確認:不要 宿主:ラット 供与核酸:Pvalb遺伝子(マウス)、cre組換え酵素、cDNA、β-globin 施行規則第十六条第一号、第二号又は第四号に基づく使用等:該当なし 拡散防止区分:P1A 組換えの分類:TG外因性 
繁殖・維持方法: 繁殖成績良好 導入遺伝子に関するヘテロ接合体をLong Evans ratに交配し、維持 
 遺伝診断法: PCR法により、cre配列を認識することでポジティブ個体を選抜する。 ・プライマー配列 F:TCGATGCAACGAGTGATGAG R:TTCGGCTATACGTAACAGGG ・PCR反応条件 酵素:TaKaRa Taq 94℃ 5min↓ 94℃ (30cycle) 20s 56℃ 30s 72℃ 30s 4℃↓  目的産物: 482bp 
  参考文献: Oh YM, Karube F, Takahashi S, Kobayashi K, Takada M, Uchigashima M, Watanabe M, Nishizawa K, Kobayashi K, Fujiyama F, "Using a novel PV-Cre rat model to characterize pallidonigral cells and their terminations", Brain Struct Funct, 222(5), 2359-2378, 2017 Jul 
 追加の系統情報: