English
 NBRP Rat No: 0950 系統名 :    DA-Lystbg/Slc 通称: DA/Slc-<i>bg/bg</i>, beige rat
 研究責任者:   代表取締役
 所属機関名:  日本エスエルシー株式会社
  住所:   〒431-1103 

 静岡県 浜松市湖東町3371-8

 日本
 電話番号:  053-486-3178  Fax: 053-486-3156  slc01@jslc.co.jp
 近交世代数:   
   
 毛色:  
 保存状況:
 
 Beige
  胚           精子          生体
  利用条件:   
 分類:   Inbred   Segregating   Congenic   Consomic    Recombinant 
  Coisogenic   Spont. Mutant    Transgene   Ind. Mutant    その他  
  コマーシャルブリーダー:   
 研究分野:   糖尿病・肥満    脳神経疾患   眼疾患    歯科疾患   循環器系疾患・高血圧
  がん・腫瘍   代謝、内分泌    耳鼻疾患   発生   感染症
   骨形態異常   消化器疾患   皮膚疾患    生殖器疾患   免疫・アレルギー疾患
   行動・学習   血液疾患   泌尿器疾患   薬理学   その他  
  対照動物   レポーター遺伝子動物  
 遺伝子: Lysosomal trafficking regulator(Lyst)遺伝子変異
 由来: 1980年から浜松医科大学にて維持されていたDAラットで1985年にLyst遺伝子変異が確認され、2000年に日本エスエルシー株式会社に供給された。 
 特性など: 淡毛色、NK細胞活性の低下、易感染性、巨大顆粒を伴う球状白血球、出血時間の延長を示し、ヒトのChediak-Higashi症候群のモデル動物である。 
繁殖・維持方法: bg/bgのホモ同士による兄妹交配で維持している。 
 遺伝診断法: ホモ同士の繁殖が可能で毛色により判断できるため、遺伝子診断を行っていない。 
  参考文献: Nishimura M., Inoue M., Nakano T., Nishikawa T., Miyamoto M., Kobayashi T., Kitamura Y., Beige Rat: A New Animal Model of Chediak-Higashi Syndrome. blood.V74.1.270-273(1989)

Mori M., Nishikawa T., Higuchi K., Nishimura M., Deletion in the beige gene of the beige rat owing to recombination between LINE1s. Mamm Genome 10:692-695 (1999)

 
 追加の系統情報: