English
 NBRP Rat No: 0951 系統名 :    Slc:WSRC-KitWs 通称: 
 研究責任者:   代表取締役
 所属機関名:  日本エスエルシー株式会社
  住所:   〒431-1103 

 静岡県 浜松市湖東町3371-8

 日本
 電話番号:  053-486-3178  Fax: 053-486-3156  slc01@jslc.co.jp
 近交世代数:   
   
 毛色:  
 保存状況:
 
 白毛
  胚           精子          生体
  利用条件:   
 分類:   Inbred   Segregating   Congenic   Consomic    Recombinant 
  Coisogenic   Spont. Mutant    Transgene   Ind. Mutant    その他  Outbred
  コマーシャルブリーダー:   
 研究分野:   糖尿病・肥満    脳神経疾患   眼疾患    歯科疾患   循環器系疾患・高血圧
  がん・腫瘍   代謝、内分泌    耳鼻疾患   発生   感染症
   骨形態異常   消化器疾患   皮膚疾患    生殖器疾患   免疫・アレルギー疾患
   行動・学習   血液疾患   泌尿器疾患   薬理学   その他  肥満細胞欠損
  対照動物   レポーター遺伝子動物  
 遺伝子: c-kit 遺伝子変異
 由来: 1984年に京都大学医学部附属動物実験施設より八木記念パークに分与され兄妹交配にて維持されていたBN/fMaiインブレッドラットコロニー中から1987年に淡色被毛で大きな腹部白斑を持つWs変異体が発見された。しかしながら、このBNインブレッドラットの中では胎生致死によりWs変異体のホモ個体が得られなかったため、アウトブレッドラットであるDonryuと交配し、F1のヘテロ個体同士を交配することにより、ホモ個体を得た。 この系統をWsRCとし、1993年に日本エスエルシー株式会社へと供給された。 
 特性など: 貧血、肥満細胞欠損並びにメラノサイト欠損。 
繁殖・維持方法: Ws/+のヘテロ個体同士の交配によりWs/Wsのホモ個体を得ている。 
 遺伝診断法: Ws/Wsのホモ個体は白毛・黒眼、Ws/+のヘテロ個体は淡色被毛・腹部白斑、+/+のワイルド個体は黒色被毛と表現型で区別可能なので、特に遺伝子判定を行っていない。 
  参考文献: Niwa Y., Kasugai T., Ohno K., Morimoto M., Yamazaki M., Dohmae K., Nishimune Y., Kondo K., and Kitamura Y. Anemia and Mast cell Depletion in Mutant Rats That Are Homozygous at “White Spotting (Ws)” Locus Blood, Vol 78, No 8, 1936-1941 (1991)

Morimoto M., Kasugai T., Tei H., Jippo-Kanemoto T., Kanakura Y., and Kitamura Y. Age-Dependent Amelioration of Hypoplastic Anmia in Ws/Ws Rats With a Small Deletion at the Kinase Domain of c-kit Blood, Vol 82, No 11, 3315-3320 (1993) 
 追加の系統情報: