京都大学大学院医学研究科 実験動物学分野研究室

(附属動物実験施設)

研究内容

研究概要

① 糖鎖修飾の発生・健康・行動への関与を知りたい!

②ヒストンコードの発生・健康・行動への関与を知りたい!

③ 新しい遺伝子改変・タンパク質ノックダウンマウスの作製と解析

私達と一緒に、生き物の不思議に挑戦してみませんか?

 

①糖鎖修飾の健康・成長・行動への関与を調べる詳細

タンパク質や脂質の糖鎖修飾酵素であるbeta4ガラクトース転移酵素に注目して,これらの酵素が欠損した遺伝子改変マウスを用いて,生体内での機能を解析したり,疾患の治療法を開発したりしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②ヒストンコードの健康・成長・行動への関与を調べる詳細

ヒストン修飾酵素であるJmjd3やUtx,ヒストン修飾を認識して転写を制御するHP1の遺伝子改変マウスを用いて,成長過程におけるヒストン修飾の役割を解析したり,神経系における役割を解析したりしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遺伝子改変(ゲノム編集),糖鎖修飾,エピジェネティクス,行動解析,疾患モデル,

マウス,ラット