系統情報
 NBRP Rat No: 0100  系統名: MV/Opu  通称: myelin vacuolation rat, mv rat Rat Genome Database
研究責任者:  桑村充         大阪府立大学大学院        〒598-8531  大阪府 泉佐野市りんくう往来北1-58        日本
Tel: 072-463-5342     Fax:  072-463-5346 Email: kuwamura@vet.osakafu-u.ac.jp
保存状況:   胚            精子           生体 ../images/Photos/myelin_vacuolation_rat/myelin_vacuolation_rat_1024.jpg ../images/Photos/
毛色  albino (c)
近交世代数  
利用条件  研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献(*)を引用する.
分類
 Inbred  Segregating  Congenic  Consomic  Recombinant
 Coisogenic  Spont. Mutant  Transgene  Ind. Mutant  その他 
コマーシャルブリーダー
研究分野
 糖尿病・肥満  脳神経疾患  眼疾患  歯科疾患  循環器系疾患・高血圧
 がん・腫瘍  代謝、内分泌  耳鼻疾患  免疫・アレルギー疾患  感染症
 骨形態異常  消化器疾患  皮膚疾患  生殖器疾患  発生
 行動・学習  血液疾患  泌尿器疾患  薬理学  その他  
 対照動物  レポーター遺伝子動物
遺伝子 Atrn: attractin
由来 1999年、大阪府立大学・獣医・統合生理学研究室において維持されていたSDラットに発見された振戦ラットより確立された。myelin vacuolation (mv) rat.
特性など 振戦症状は3週齢から表れ、この形質は常染色体性劣性遺伝する。発症ラットの中枢神経系、特に脳幹、小脳、脊髄において広範囲に髄鞘の低形成と空胞形成が認められる。電顕的に、この空胞はミエリン層の離解からなっており、myelin vacuolation (mv)ラットと名付けられた。加齢に伴いミエリンの異常は進行するが、希突起膠細胞の数や形態に異常は見られない。ミエリンの異常と共に2週齢から進行性のastrogliosisが、6週齢から灰白質における著しいミクログリアの活性化が見られる。AtrnmvはAttractin(Atrn)遺伝子のexon 1全体を含む6.914-bpの遺伝子領域の欠失であり、mvラットの脳においてAtrn mRNAの発現が見られないことから、Atrn遺伝子のnull変異であることが確認された。(Mar 9, 2009)
繁殖・維持方法 発症ラットは雌雄ともに妊性であるが、ヘテロ間の交配の方が安定した維持が可能である。
遺伝診断法 遺伝診断プロトコール Atrn_mv
参考文献 Izawa T, Yamate J, Franklin RJ, Kuwamura M.
Abnormal myelinogenesis both in the white and gray matter of the attractin-deficient mv rat.
Brain Res. 2010 Feb 2;1312:145-55.

Izawa T, Takenaka S, Ihara H, Kotani T, Yamate J, Franklin RJ, Kuwamura M.
Cellular responses in the spinal cord during development of hypomyelination in the mv rat.
Brain Res. 2008 Feb 21;1195:120-9.


* Tokuda S, Kuramoto T, Serikawa, T.
PCR-based genotyping of the rat Atrn mutation.
Exp Anim 53(1): 73-76, 2004.

* Kuwamura M, Maeda M, Kuramoto T, Kitada K, Kanehara T, Moriyama M, Nakane Y, Yamate J, Ushijima T, Kotani T, Serikawa T.
The myelin vacuolation (mv) rat with a null mutation in the attractin gene.
Lab Invest. 2002 Oct;82(10):1279-86.
系統情報 MV