系統情報
 NBRP Rat No: 0003  系統名: DMY/Kyo  通称: DMY, demyelination rat Rat Genome Database
研究責任者:  芹川忠夫         京都大学大学院医学研究科        〒606-8501  京都府 京都市左京区吉田近衛町       日本
Tel: 075-753-4360    Fax: 075-753-4409 Email: serikawa@anim.med.kyoto-u.ac.jp
保存状況:   胚            精子           生体 ../images/Photos/DMY/341a%20(Large).jpg ../images/Photos/DMY/341z%20(Large).jpg
毛色  albino (c)
近交世代数  F?+46 (March 2012)
利用条件   利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得ること。
商用に使用する際には、本同意書とは別に、寄託者と契約を結ばねばならない。
分類
 Inbred  Segregating  Congenic  Consomic  Recombinant
 Coisogenic  Spont. Mutant  遺伝子改変(GM)  Ind. Mutant  その他 
コマーシャルブリーダー
研究分野
 糖尿病・肥満  脳神経疾患  眼疾患  歯科疾患  循環器系疾患・高血圧
 がん・腫瘍  代謝、内分泌  耳鼻疾患  免疫・アレルギー疾患  感染症
 骨形態異常  消化器疾患  皮膚疾患  生殖器疾患  発生
 行動・学習  血液疾患  泌尿器疾患  薬理学  その他  
 対照動物  レポーター遺伝子動物
遺伝子
由来 1991年バルセロナ大学のSD系ラットクローズドコロニーにおいて、離乳時頃より後駆麻痺を示すミュータントラットとして見い出された。パスツール研究所(パリ)を経て、1996年4月19日京都大学医学部附属動物実験施設に導入された。
特性など 離乳時頃より後駆麻痺を示す。生後3週目では正常なミエリンが形成されているが、3ヶ月齢では中枢神経系全体、特に、小脳、脳幹、脊髄前索部において血管周囲細胞浸潤を伴わないミエリン層の崩壊および空胞形成が観察される(Kuramoto, 1996; Kuwamura, 2004)。原因遺伝子dmy(demyelination)は第17染色体上Prl(prolactin)遺伝子近傍にマッピングされ(Kuramoto, 1996)、この領域はマウス第13染色体と相同性を示すことが判明した(Kitada, 2000)。脊髄白質における鉄の蓄積や鉄調節因子の発現上昇が認められ、病理発生に鉄代謝異常が関与することが示唆されている(Izawa, 2010)。(Oct 8, 2010)
繁殖・維持方法 ヘテロ同士の交配で系統維持を行っている。
遺伝診断法 遺伝診断プロトコール Mrs2
参考文献 Kuramoto T, Sotelo C, Yokoi N, Serikawa T, Gonalons Sintes E, Canto Martorell J, Guenet J-L.
A rat mutation producing demyelination (dmy) maps to chromosome 17.
Mamm Genome. 7: 890-894, 1996.

Kitada K. et al
Determination of the mouse homologous region for the rat dmy locus.
J Exp Anim. Sci. 41:40-43, 2000.

Kuwamura M, Kanehara T, Tokuda S, Kumagai D, Yamate J, Kotani T, Nakane Y, Kuramoto T, Serikawa T
Immunohistochemical and morphometrical studies on myelin breakdown in the demyelination (dmy) mutant rat.
Brain Res. 2004 Oct 1;1022(1-2):110-6.

Izawa T, Yamate J, Franklin RJ, Kuwamura M.
Abnormal iron accumulation is involved in the pathogenesis of the demyelinating dmy rat but not in the hypomyelinating mv rat.
Brain Res. 2010 Aug 19;1349:105-14.

Kuramoto T, Kuwamura M, Tokuda S, Izawa T, Nakane Y, Kitada K, Akao M, Guénet JL, Serikawa T.
A mutation in the gene encoding mitochondrial Mg²+ channel MRS2 results in demyelination in the rat.
PLoS Genet. 2011 Jan 6;7(1):e1001262.
系統情報 DMY