ホーム
京都大学動物実験委員会
医・動物実験委員会
NBRP Rat
COE Mouse DB
関西実験動物研究会

施設の概要
施設利用の手引き
動物実験施設のサービス
問い合わせ
規程・規則等
施設利用関連書類
A棟SPF飼育領域
施設報
アクセス・マップ
研究室(Research)
 
 京都大学大学院医学研究科
 附属動物実験施設
京都大学 動物実験施設外観
    Institute of Laboratory Animals
    Graduate School of Medicine, Kyoto University
胚・精子の凍結保存


2細胞期胚    凍結チューブ



  1. 動物実験施設で実験に用いられるマウスおよびラットで、市販されていない遺伝子改変動物および特殊系統動物に限ります。

  2. 必要事項を記入した「胚・精子凍結依頼書」を事務室に提出して下さい。

  3. 凍結完了までの期間は、依頼書を提出してから2ヶ月を目安にして下さい。

  4. 胚の凍結は、急速凍結法(ガラス化法)にて、マウス200個、ラット100個を目安に行います。

  5. 胚の採取に必要な動物数は、1系統につきマウスの場合雄3匹雌20匹、ラットの場合雄10匹雌20匹を目安にして下さい。

  6. 精子凍結に必要な雄動物は、健康で性成熟した交配経験のある雄を、1系統に付きマウスの場合2-3匹、ラットの場合3-5匹を目安にして下さい。

  7. 凍結が完了した胚・精子は依頼者に引き取りをお願いします。

  8. 施設からの連絡は、原則としてメールで行います。

  9. その他凍結に関する詳細は、利用マニュアルをご覧下さい。

  10. 凍結に係わる経費は以下の通りです。 (2014年4月1日改訂)
       マウスの胚凍結: 56,571円
       マウスの精子凍結:33,943円
       ラットの胚凍結: 56,571円
       ラットの精子凍結:33,943円

担当:SPF化部門
問合せ先