ラットリソースリサーチ研究会
    Last Update: Jan.26, 2021
    第4期NBRP-Ratでは、研究者がラットリソースを用いた研究に関する情報交換を行う場所をもうけることで、ラットコミュニティーを活性化することができないかと考え、ラットリソースリサーチ研究会を開催しております。皆様のご参加をお待ちしています。




第14回ラットリソースリサーチ研究会

参加申し込みフォーム 告知ポスター

12月25日頃、一時的に参加申し込みフォームに不具合がありました。
開催サイトのURLをメールで受け取っていない場合は、参加申し込みが正常に完了していない可能性があります。
その場合、お手数ですが、下記連絡先までご連絡いただくようお願いいたします。

日 程

場 所

参加費

お問い合わせ・申込先





令和3年1月29日(金)13:00-17:30

Web開催

無料(事前参加登録必要)

〒606-8501
京都市左京区吉田近衛町
京都大学大学院医学研究科附属動物実験施設
ナショナルバイオリソースプロジェクト「ラット」
E-mail: nbrprat@anim.med.kyoto-u.ac.jp
Tel: 075-753-9318
Fax: 075-753-4409
プログラム
ラットリソース  
1 はじめに:コロナ禍での第4期NBRP-Ratの取り組み 浅野 雅秀 京都大学 13:00-13:15
2 Growth hormone receptorを欠損させたマイクロミニラットの開発 守田 昂太郎 京都大学 13:15-13:45
3 ラット生殖工学技術の開発 中潟 直己 熊本大学 13:45-14:15
         
  休憩     14:15-14:30
         
ラットリサーチ
4 放射線被ばくによる乳がんのリスクと乳腺幹細胞系の放射線応答 今岡 達彦 放射線医学総合研究所 14:30-15:00
5 ゲノム編集法により作製した遺伝子改変ラットを用いたビタミンD作用メカニズムの解明 榊 利之 富山県立大学 15:00-15:30
6 トランスジェニックラットにより同定された眼球運動系神経積分器ニューロンの特性 齋藤 康彦 奈良県立医科大学 15:30-16:00
7 ラットを用いた精神疾患モデリングの限界と課題 那波 宏之 群馬大学 16:00-16:30
8 国産ゲノム編集技術CRISPR-Cas3の開発と応用 吉見 一人 東京大学 16:30-17:00
         
総合討論 17:00-17:30